広告効果測定の初心者ガイド

Web上にある様々な広告とその広告効果について初心者にも簡単にわかるように説明していきます。

広告効果測定ツール

ウェブアンテナでできること

2016/11/09

●ウェブアンテナって何?

6e97a31432ad5bb3427823eeacf4e49b

ウェブアンテナは株式会社ビービットが提供している広告効果測定ツールです。株式会社ビービットは「ユーザ行動の観察調査」することでユーザの心理・行動を把握し、ビジネス成果最大化のためのコンサルティングサービスを提供してくれる会社です。

ウェブアンテナは複数の広告を出稿した時に、その複数の広告を一画面で管理してくれるツールです。インターネットで広告を始めたけれど、バナー、リスティング 、メルマガ、ソーシャル…と、どれもデータ元が違って、管理や集計は大変だなぁと思っている人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ウェブアンテナはすべての広告の効果を一画面でまとめて管理してくれます。

●ウェブアンテナを使う三つのメリット

1.アトリビューション分析

 ユーザーがコンバージョン(CV)に至るまでに複数回サイトを訪れた場合、Google Analyticsでは、最後の訪問のみがCVに影響した訪問として評価されます。しかし、広告の効果としては、直接CVに影響した訪問だけでなく、最後のサイトに至るまでにユーザーが訪問したサイトも、成果に至る効果があったとして、その訪問(クリック)もカウントしようという考えがあります。最後のクリック以外のクリックも評価しようという考え方をアトリビューションと言います。

 アトリビューション分析をすると、ユーザーの行動すべてがわかります。この《例》の場合、。Google Analytics で評価されるのは「リスティング広告」(ラストクリック)だけですが、ウェブアンテナでは、商品購入に至るまでの経路、「消費者がどんなメディアに接触して、それによって感情や行動にどのような変化が起きたのか」を調査・分析し、それぞれを評価分析してくれます。

  このデータを使えば、CVが多い広告接触のパターンを分析ができ、ユーザーの行動を把握することができます。CVに至るまでに、ユーザーがどのように行動(アクセス)しているかを調査・測定した結果、CVを得やすい最適な流入方法やアクセス経路を見極め、より高い広告効果を得るための方策を考えることができるのです。

2.複数の広告をまとめて管理

 Web広告を大規模に展開しようとすると、バナー、リスティング、メルマガ、ソーシャル(FB等)など、複数の広告を複数の代理店に依頼することも多くなってきます。しかし、代理店を増やすと、各社がそれぞれに広告についてのレポートを提出してくることになり、すべての広告を比較分析する事は大変な作業になります。

 ウェブアンテナの「複数の代理店の管理」という機能がこの問題を解決してくれます。広告主側はすべての代理店のクリック数・CV数等のデータを一画面で把握することができます。代理店側も自社の広告効果を共有することができます。その結果、リアルタイムで情報共有ができ、PDCA(plan-do-check-act)を上手く回していくことが可能となり、広告出稿のプランニングがし安くなります。

3.利用料金が安く、充実したサポート

 ウェブアンテナでは、効果の成果計測と分析なら、基本料金(初期費用+2万円~)で利用できます。しかも、そのサポートは手厚く、導入から運用まで電話やメールだけではなく、直接会って質問・相談できます。サポートは出稿企業だけでなく広告代理店も受けられ、質問・相談も可能です。

-広告効果測定ツール